着るものをどうしたらいいか考える

着るのは楽しいけど、考えるのはもっと楽しい。

似合う服のほうがいいに決まってる

「好きな服と似合う服は違う」という話はよく聞きます。で、そのどちらかを選べと言われたら、私なんかは即答で「似合う服を選ぶ」に決まってるんですが、そうじゃない人もいるの???

「好き」っていう気持ちはかなりいい加減で、ころころ変わったりします。友達が着ている服を見て「いいな」と思っただけでも気持ちは変わるんだから、一日に十回転、二十回転の勢いでころころしちゃいます。そんなものをあてにしたらやばいですよ、いろいろと。

それから、「好きな服」は自分のいままでの発想から一歩も出ないので、私自身にとってはそれほど新鮮味がないです。ひとりよがりな「好き」だけを狭く追求したところで大したところには行きつかない……と、自分の経験を振り返ったらそう思います。むしろ、誰か他の人に「こんなの似合うんじゃない?」って言われて着てみたら似合った、という体験は、すごく刺激があって楽しいものです。新しい世界が目の前に開けるようなもんです。

そして、そもそも、あるアイテムが似合ってたら、そのアイテムが大好きになりませんか?

 

そして、やっぱり私は、服はどちらかといえば、自分のためよりも他人のために着るものだと思うから。少なくとも、自分と他人の関係性のために着るものだと思うから。つまりはコミュニケーションだから。なので、人から見て「似合う」という客観性を抜きにして服を選んだところで、何のためにわざわざ買うのか訳が分からない(そういうしょうもない選び方をした服が多かったから、こうやって整理しているのでありますよ)。

 

 

また、逆に考えてみると、他人から「似合う」って言われる服をどうしても自分は受け入れられない、という場合は危険なのではないでしょうか。だって、今の自分は周りからはそういった服が似合う人に見えているわけよ? それってつまり、自分で自分のことが全然見えていないか、自分自身がすごく嫌いかのどちらかじゃん。服なんかよりも先に考えるべきことがあるという気がします。