着るものをどうしたらいいか考える

着るのは楽しいけど、考えるのはもっと楽しい。

バッグに必要な条件 かたち編

前回、小さいバッグはもう買わない、と、バッグのサイズについて書きました。私がバッグを選ぶの際にはさらに必要な条件がいくつかあります。

 

口が完全に閉まること

高価なバッグでも、かごやエコバッグのように口が開いたままのものも多いですが、ファスナーかふたで、完全に口が閉まるものを選ぶようにしています。

というのは、口が開いたバッグを持っているときに、大雨にあい、バッグの中で携帯が水没した、ということがあったためです。上に布をかぶせてもゲリラ豪雨に対しては無力でありました。

また、荷物が重いときは電車の網棚にバッグを載せたいことがありますが、口が開いたものだと、載せるときと降ろすときに、中から荷物が出てきて頭の上に降ってくることもあります。背が高くないと、やや無理な姿勢でバッグを引っ張らないといけないこともあり、中の荷物のことまで構っていられないんですよね。急いで降りないといけないときなど特に。ファスナーで完全に口が閉まればそういう心配はなし。心置きなくバッグを網棚に載せられます。

また、口が閉まるバッグだと、海外に行ったときや満員電車の中でお財布をすられたりしにくいだろう、という安心感があるのも見逃せないポイントです。

 

外からアクセスできるポケットがあること

さて、このように口が閉まるバッグだと、中のものを取り出すのに「口を開ける」というワンステップが余計にかかります。で、これが少し面倒くさいこともある。スマホを取り出したり、定期をしまったり、思ったときにさっとすぐに出し入れしたい、という荷物や状況はわりとよくあったりします。

そんなときに、口を開け閉めしなくてもすぐに出し入れできるポケットが外についているといいです。これはしょっちゅう使う機能なので、あるとないとで大違いです。で、大雨にあったり網棚に載せたいときは、ポケットの中のものを中に移動させれば無問題。

 

内側にもポケットがあること

外にはポケットがあってほしいですが、内側にもポケットはほしいです。小さいもの(例えば鍵とかアクセサリーとか)は、この内側のポケットに入れておくと、バッグの中で行方不明にならずに安心です。これはたいていのバッグにはついているのでまあ安心ですが、気の利いたバッグは1つだけでなく内側の両サイドに複数ついていたりします。こういうバッグはかなり便利です。

 

でも仕切りはないこと

内側のポケットは便利なのですが、書類カバンのようなものだと内側に仕切りがあって全体を2つとか3つに分けているようなタイプのが時々あります。書類やノートPCのような薄っぺらいものをよく持ち運ぶ人ならいいのかもしれませんが、私はこういうバッグだと、厚みのあるものを入れられないストレスを感じるので選ばないようにしています。

 

肩にかけられること

ハンドバッグ型だとやはり疲れやすいので、いざというときには肩にかけられる程度に持ち手に長さがあるとよいです。もちろんショルダーバッグ型であれば困りません。

そんな私にとってはクラッチバッグはありえない選択肢です。家に帰る前にその辺に放り出してしまいたくなりそうなのが目に見えるので、そもそも買ったことないです……。