読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着るものをどうしたらいいか考える

着るのは楽しいけど、考えるのはもっと楽しい。

この冬、期待通り活躍しているアイテムたち

立春も過ぎて、なんだか日差しが明るくなってきましたね。この冬はまだロングブーツを一度しかはいていないですよ。もうこのまま春になっちゃうのかな。

とはいえ、寒い時期に期待通りに活躍してくれているアイテムたちがありますので、それについて書いておきます。

 

長袖ブラウス

ちなみに私の場合、シャツではなくて全部ブラウスです。しかも、カットソーもほとんど持ってなくてその代わりにブラウスです。

こんなにブラウスばかり着たのはこの冬が初めてですが、これで十分でした。去年までは「真冬にはタートルネックが必要」とタートルネックヒートテックをわざわざ買ったりしたんですけど、ブラウスのボタンを上まで全部とめたら首まわりも暖かいんですね。

冬になるまで、上からボタンを1~2つは開けて着てばかりいたので、気づかなかったわ!

柄の入ったブラウスの上にジャケットやニットを着て、襟や袖をちょっとだけ出すのも楽しい。

ブラウスは、真夏を除いてずっと同じものを着られるのに、冬にも暖かいなんて、最高です。

 

ベレー帽

素材はニットでもフェルトでも、ベレー帽が気に入っています。

そもそも帽子はいいですよ。一般論として。

  • 頭を覆うと、とても暖かい。
  • それから、頭に何か乗せるということで、重心がこの上なく上に上がって、スタイルアップ必定。
  • ストールとは違って、誰も彼もがかぶっている、というわけでもないし。

……というわけで、帽子は全般的に推しなのですが、なかでもベレー帽なのは消去法によります。

ここしばらく流行っている、つばのあるハット。あれは出先で脱いだときにどうするんですかね? バッグに入らないよね? 他人事ながら心配になります。

その点、ベレー帽は柔らかいから、丸めてポケットかバッグに入れられて便利。

ビーニーみたいなニットキャップでもいいんですけど、カジュアルにしかならないため用途が限られそうで、手を出していません。

その点、ベレー帽だと、まあまあ上品な雰囲気もあり、さりとてドレッシーすぎて普段着には合わないということもなく、中途半端さがちょうどよい。

積極的に「これでなければならない」ものではないのに、なにかと使い勝手が良いという、いぶし銀的存在。あなどれない。

 

ベルト

パーソナルスタイリストさんから、何をおいてもまず「買え」と指令があったのが、ベルト。

ベルトも、皆が皆しているというアイテムではないのですが、したほうが良いです(断言)。

なぜなら、ベルトによってウエストが作れるからです。とりわけ冬は重ね着でもこもこしがちなので、いっそうウエストマークをして「ここにウエストがありますよーーーー」とアピールすべき。

パンツのベルト通しに通して使うというよりは、ブラウスを着たらその上からベルト、ジャケットを着たらその上からベルト、ざっくりニットを着たらその上からベルト、という使い方がほとんどです。

コートの上からしてもいいそうですが、脱いだときにどこかに置き忘れてしまいそうなので、まだできていません。

メッシュタイプのものを選ぶと、好きな位置でとめられて融通がききます。

 

 

今回は「期待通り」活躍したアイテムについて書きましたが、「意外と」役に立ったアイテムについてもこちらで書いています。

rci.hatenablog.com